WEBサポーター・ライフコーチの読書と日々の徒然|滋賀県大津市

パソコン講師&WEBマスター20年以上の経験と、カウンセリングやコーチングスキルを合わせて、WEBコーディネーターやってます。おすすめの書籍もご紹介。WEBサポーター、コーチ、セラピストとしての日々徒然です

しつもん読書会ファシリテーターになりました

このたび、「魔法の質問」のしつもん読書会ファシリテーターになりました。

しつもん読書会とは、本に問いかけながら1冊の本を読み解く新しい読書方法です。

本を読む前に4つの質問に答え、本を読んだあと、4つの質問に答えます。

一人ででも十分楽しいのですが、複数人で読んで答えを発表し合うことで、自分の理解が深まり、新たな気づきを得て、想いを言語化したり、自分のやりたいことが明確になったりする会となるのです。

しつもん読書会についてはこちらをクリック
   → http://shitsumon-dokusyokai.com/about.php

わたしは元々本をよむのが大好きで、印象に残った本は長いこと内容を憶えていたのです。ところが、ここ数年、視力が落ちてきて(老眼と斜位のため)本をよむのが辛くなってきました。

また、ある本が必要だからと思って読もうとするのに、集中できない、覚えられない、つまんないの悪循環に入りました。

そんな時に「しつもん読書会」の体験会に参加して、

  • 内容が頭に入る
  • 必要なことがわかる
  • 本がサクサク読めて気持ちいい

という久しぶりに「読書」の醍醐味を感じたのです。

最近になって、自分が探求したいと思うことができ始めました。

そのためにはたくさん本を読まないといけない、でも今の自分のペースでは読んだところで上っ面になるだけ、と悩んでいました。

そんな特にふと、そうだ、「しつもん読書会」で一人で読んでみよう、と、ファシリテーター講座を受講しました。

この時の受講生はわたしだけ、というより、わたしのために開催してくださった講座だったみたい。

f:id:nakayuu13:20170809215452j:plain

講座では、この読書会を体験しつつ、ファシリテーターとして必要なことや読書会の進行方法を学びました。

この時の読書体験は、講師の藤原優子さんとわたしに共通のテーマや言葉がどんどん出てきて、一冊の本が2倍にも3倍にも深まったのです。

当日持っていったのは、「自分を劇的に成長させる!PDCAノート」と「11歳からの正しく怖がるインターネット」の2冊。

特に後者はすでに読んでいたにもかかわらず、新たな発見があってびっくり。

漫然と本をよむのではなく、しつもんをして読む、あたまの片隅に置いてよむことが、時間を短縮させて学びを深めていけることを実感しました。

f:id:nakayuu13:20170809215523j:plain

こんな楽しい読書会を独り占めするのはもったいない。

できたら定期的に、1人からでも質問読書会を開催していきたいと思います。

↓こんなサイトも作りました。

peraichi.com